小籠包は美味しい

先週金曜のこと。麗かな陽気と娘に誘われてナイター開催の大井へと足を運んでみた。この日は入場無料デー。しかし重賞のない平場開催。4コーナーの桜も散り桜。しかも船橋とのダブルナイターとあっては客が少ないのも仕方あるまい。あとで調べたら入場者は2900人だった。これでは飲食店もたまったものではなかろう。それで少しでも売上に協力せねばと、食い道楽・飲み道楽に走った。

パドック脇「スターライト」のクラフトビールと揚げ物たちで乾杯し、

Lウイング2階のホルモン専門店でホルモン炒めを一番搾りで流し込んだら

Lウイング1階の「アジアバル001」で焼き小籠包とレモンサワーで3度目の乾杯をした。馬券などそっちのけ。普通に飲みに行くより飲んだ気がする。

それにしても「アジアバル001」の焼き小籠包には注意が必要だ。アツアツをふーふー言いながら口に投入、しかるのちに皮を破ると口の中に激アツのスープがあふれ出て溺れそうになったのである。幸運にも溺死を免れても一定程度の火傷は免れない。しかし、それを差し引いてもこの小籠包は美味い。だからドキドキしながらも2個目をすぐ口に運ぶことになる。そしてまた溺れそうになる。

私が子供の頃、小籠包という料理は身近な存在ではなかった。今ではその地位は大きく順位を上げてはいるものの、それでも上位にランクインする餃子や焼売を脅かすには至ってない。

その証拠に、昨年秋の大井では「ショウロンポウ」という馬が走っている。ヴィクトワールピサ産駒の牝馬。7着に敗れたが、その後動静は聞かない。さらに半世紀ほど昔にも同名のショウロンポウが走った記録がある。こちらは小籠包のごとき白い芦毛馬。やはり大井所属だった。大井と小籠包の縁は浅くなさそうだが、ともあれ馬名に使えるということはその料理がメジャーではないことの裏返し。「ギョーザ」や「シューマイ」では馬名として認められる可能性は少ない。

私が初めて小籠包を口にしたのは、半世紀の歴史を誇る大門の名店「新亜飯店」。「餃子と肉まんの間のようなもの」と言われて初めて食べたその味は、餃子や肉まんのそれを遥かに凌ぐ衝撃的なものだった。驚いたのはその艶やかな皮から溢れ出すスープである。なぜこんな薄い皮にスープごと包むことができるのであろうか?

その答えは単純であった。小籠包は豚の皮の煮こごりを混ぜ込んだ肉のあんを小麦粉の皮で包んでいる。蒸すと煮こごりが溶けてスープになるのだと「新亜飯店」の方は親切に教えてくれた。大井町からの無料バスが廃止となった今となっては、大門(浜松町)こそが大井への玄関口である。次回大井訪問の折りには、久しぶりに「新亜飯店」に立ち寄ってみよう。

 

***** 2024/4/16 *****

 

ダシの街

先日の大阪訪問では船場界隈に宿を取った。

昆布と鯖のダシだけが味を決める「船場汁」の由来にもなっている地名である。「だし」を謳う飲食店の看板も少なくない。街を南北に貫く丼池筋を歩いていたらダシの自販機まであった。

そんな丼池筋に暖簾を掲げるうどん屋さんに入る。創業は明治26年の老舗。いかにも町のうどん屋然としたこの「うさみ亭マツバヤ」こそ、きつねうどん発祥のお店なのだという。それは食べておきたい。

運ばれてきた一杯は「ザ・きつねうどん」と言うべきビジュアルだった。ダシは関西の割には色味が濃い。しかしこれは醤油の色ではなくダシの色。たしかにダシの風味は強い。

伝統的な大阪うどんの倣いに従い、麺はダシを活かすことに徹している。讃岐のような主張がいっさい感じられない。手打ちではないが、手もみした後に寝かせてモチモチ感じを出しているそうだ。眼目のお揚げは丼の蓋ほどの大きさ。京都の錦市場から仕入れたものをいったん油抜きし、甘めのダシで煮たあと、昆布を敷いてさらに2~3日寝かせているという。その味は濃くも感じるが、うどんのダシも濃いめなのでこれでちょうど良い。

想像した通りの味。驚きもなかった。とはいえ「普通」を守り続けることの難しさも知っている。その努力も味に含まれているような気がしてならない。

丼池筋を北上すると右側にまた一風変わったうどん屋さんが暖簾を掲げている。いや実際には「暖簾」というモノはない。いやそれどころか看板すらない。その名も「Udon Kyutaro」。店名の由来は「オバケのQ太郎」ではなく、町名の久太郎町にちなむ。ともあれこの外観で営業中の大人気うどん屋であると分かる人は多くなかろう。ただし、時間帯によっては行列が出来るからそれを目印にすればよい。

あつかけに炙り豚肉をトッピング。豚肉の甘い脂が染み出したダシの美味いこと。こちらでは麺の主張も強い。でもダシも負けていない。そのせめぎ合いも楽しい。終わってみれば最後の一滴までダシを飲み干している。さすが大阪ダシ文化の中心地。ここまでシンプルでありながら完成された一杯はほかにあるまい。

 

***** 2024/4/15 *****

 

競馬は続く

今年の皐月賞は2番人気のジャスティンミラノが直線で豪快に伸びて差し切り勝ち。GⅠ初制覇をコースレコードで飾った。1分57秒1は凄い。ナリタブライアンが2分の壁を破ったときは競馬場全体が揺れるほどどよめいた記憶がある。あれから30年。1分57秒の壁が破られる日も遠くはあるまい。ただ、今回の快時計を生み出したのは間違いなくメイショウタバルの浜中俊騎手である。先日亡くなった藤岡康太騎手とは競馬学校の同期。大の仲良しだった。思うところがあったに違いない。

直線でジャンタルマンタルが一気に抜け出して後続を離したときは、勝負あったかにも思えた。川田将雅騎手も今回は期するところがあったはず。ジャスティンミラノとコスモキュランダが併せ馬で追い込んできたのが一拍遅れたように見えたのは、ジャンタルマンタルの一瞬の脚があまりに鮮やかだったことと、その脚が本当に「一瞬」だったことによるものか。川田騎手は言葉を選んでコメントしていたが、良くも悪くもマイラーとしての資質の高さ示したように思えてならない。共同通信杯の2着も、今回の3着確保も、その能力の高さゆえであろう。

一方で勝ったジャスティンミラノとって距離延長は不安要素ではない。なにせ共同通信杯の直前まで、2400mのゆりかもめ賞との両にらみだった。中間の追い切りで重賞3勝の古馬サトノグランツに先着。あまりの調子の良さに友道康夫調教師が重賞挑戦を決断した経緯がある。その好調ぶりを友道師に伝えたのが、ジャスティンミラノの調教パートナーだった藤岡康太騎手だった。

皐月賞のレース後、友道師は二冠獲りを宣言した。管理馬をダービーに送り込むのは5年連続。なにか特別なレシピでも持っているのだろうか。しかも現役最多のダービー3勝をマーク。しかし2冠制覇はまだない。2009年アンライバルドは1番人気でダービーに挑んだが、記録的な豪雨に泣いた。

昨日から今日にかけて泣いた人もたくさんいる。私もいっぱい泣いた。藤岡佑介騎手の挨拶を見て泣き、黒岩騎手のジョッキーカメラ映像を見て泣き、勝浦騎手のラスト騎乗にもちょっとだけ泣き、戸崎騎手のインタビューを見て泣き、レース後に号泣する友道師の姿を見てもらい泣きした。こんなに泣いたのは近年記憶にない。なにせ親が死んでも泣かなかった私である。

しかしいつまでも泣いてはいられない。競馬は続く。たまに振り返ることも大事だけど、今は前を向こう。

 

***** 2024/4/14 *****

 

運命の皐月賞

NHK朝の連続テレビ小説「虎と翼」が始まって2週間が経った。昭和初期の男性優位の社会に敢然と挑み、女性初の弁護士となった三淵嘉子さんをモデルとしたストーリー。差別や法律という重くて堅そうなイメージを覆してくれるのは、伊藤沙莉さんをはじめとした出演者の技量の為せる業であろう。女性の社会進出に理解を示す法学者を演じる小林薫さんは馬主としても知られる。今日の中山8レースで所有馬ベンガンが5着と頑張った。先週の福島ではスプリンクルソルトが未勝利を見事勝ち上がっている。ドラマも競馬も好調のようだ。

競馬にも性別の壁に挑む女性が現れた。明日の明日の皐月賞の前日発売オッズは、ホープフルSを勝って敢然と牡馬に挑むレガレイラが3.6倍で1番人気。共同通信杯で2歳牡馬チャンピオンを破ったジャスティンミラノが5.1倍でこれに続く。これを書いているのは21時時点だが、おそらくレース発走時もこの順序は変るまい。皐月賞牝馬が1番人気の指示を集めれば2017年のファンディーナ以来7年ぶりの出来事となる。

牝馬皐月賞を勝てば1948年のヒデヒカリ以来76年ぶり」

メディアはそのように盛り上げている。

だがしかし。ヒデヒカリの当時のオークスは秋に行われていたことを忘れてはならない。したがって当時の3歳馬は性別を問わずダービーを目指していた。その前哨戦たる皐月賞牝馬が参戦したところで、さほど驚くことではない。実際この年の皐月賞は7頭立てで行われたが、そのうち3頭が牝馬である。前年の皐月賞牝馬トキツカゼが勝っていた。

ダービーの権威に比べ、当時の皐月賞の評価が今ほど高くはなかったことは否定できない。そもレース名からして「農林省賞典四歳呼馬競走」の時代である。しかも5月中旬の東京競馬場で行われていた。現在の皐月賞とは全然違う。そういう意味ではレガレイラが皐月賞を勝つようなことがあれば、実質的には史上初の快挙に等しい。

オークスが現在と同じダービーの前週に移設されたのは1953年のこと。この年のチェリオを最後に牝馬皐月賞出走はしばらく途絶えたが、1991年にダンスダンスダンスが出走して話題となった。マイルでは短いというのが皐月賞出走の理由。結果はトウカイテイオーに3馬身離された5着だったが、3着イイデセゾンとはコンマ1秒差の僅差だから陣営の判断が間違っていたとは言いづらい。

奇しくもレガレイラの父は共同通信杯を圧勝しながらファンディーナと同じ皐月賞で6着に敗れたスワーヴリチャード。レガレイラの走りには父の雪辱もかかっている。いくら女性が強い時代とはいえ、人気や種牡馬の評価まで背負わせるのもどうかと思うが、もはや運命と受け入れるしかあるまい。グレード制導入以降、皐月賞に挑んだ牝馬はファンディーナとダンスダンスダンスに加えてバウンスシャッセの計3頭。バウンスシャッセに騎乗したのは北村宏司騎手だった。今回の代打騎乗も運命かもしれない。運命のゲートは明日15時40分に開く。

2014年 フラワーカップ バウンスシャッセ 北村宏司

 

***** 2024/4/13 *****

 

2年後を見る

皐月賞の枠順が確定した。筆者の注目はトライアル3着で出走権を手にしたルカランフィースト。父イスラボニータとの史上8頭目皐月賞親子制覇をひそかに期待している。今年の皐月賞にはゴールドシップドゥラメンテに加えて、父子3代制覇の大記録がかかるアルアインの産駒も出走するが、それでも私はイスラボニータの子に注目しないわけにはいかない。

今から12年前の2012年6月17日、社台グループ牧場ツアーで訪れたノーザンファームは、朝から豪雨に見舞われていた。

この日の目玉は「ビワハイジの2011」。のちに「サングエブル」と名づけられることになるその良血馬は、牝馬ながら募集価格6千万円にも達する。しかし私の目当ては2千万円から3千万円。その予算に見合う数頭をあらかじめピックアップして、靴を濡らしながら放牧地を歩いた。その中の一頭に募集価格2400万円の「イスラコジーンの2011」が含まれていたのである。そう、今から10年前の皐月賞を勝ったイスラボニータだ。

当時のツアーのしおりを引っ張りだしてみた。「イスラコジーンの2011」の実物を見た印象がメモ書きされている。

「小 尻○ 毛色?」

なにせ12年前のことなので詳しくは覚えていないが、「尻○」というのは、尻の形が良いということであろう。「毛色?」というのは何のことか分からん。雨に濡れて毛色に何か疑問を感じたのかもしれない。私にとって毛色は大事なファクターである。それよりも気になるのは、先頭に書き込んだ「小」の一文字。実馬をパッと見て、まず「小さい」という印象を強く受けたのであろう。

遅生まれ(5月21日生まれ)なのだから小さくて当然。だが、この時の私は「早期デビュー」を最大の選択基準にしていた。それでこれは難しいかな……と思ったに違いない。結果別の馬を申し込み、抽選で外れ、二次募集でまた別の馬を申し込んだ。

最終的に購入した馬は2歳7月にデビューを果たしたのだから、まあ「早期デビュー」という目標はおおむね達成できたと自負している。だが、翌年の6月2日東京でデビュー勝ちを果たしたイスラボニータには正直驚いた。あの日、雨に打たれて小さな身体をますます小さく見せていたイスラコジーンの2011が、1年も経たぬうちにデビューを果たし、重賞3連勝で皐月賞を勝つことになるとは……。私もつくづく見る目がない。

イスラボニータ

やはり馬を見る時には想像力を駆使しなければならぬ。その時点の良し悪しではなく、その馬体から1年後、2年後を見通せるようでなければ豪雨に打たれてまで見る意味はないのだろう。間もなく社台から1歳馬の募集リストが届く。その中に2年後のクラシックホースを見つけることができるだろうか。

うーむ……。無理だろうなぁ。

 

***** 2024/4/12 *****

 

【追悼抄】藤岡康太騎手を偲ぶ

トレンドワードの上位に突然その騎手の名前がランクインされたのを見てやるせなさでいっぱいになった。

藤岡康太騎手が逝去。先週土曜の阪神競馬7レースで落馬し、意識不明の状態が続いていると伝えられていたが、ついに意識が戻ることはなかった。35歳と聞けば、悲しみよりも悔しさが先に立つ。そのレースを私は阪神競馬場で観ていた。なのに、前ばかり見ていてその落馬に気付かなかった自分が恥ずかしい。場内実況も落馬には触れなかったような気がする。レース後、はるか遠くの3コーナーに係員が集まっているのを見た。そのときはそれだけ。我ながらなんとひどい態度を取ってしまったのかと、今は反省の思いしかない。その思いが悔しさを倍増させている。

2014年 府中牝馬S ディアデラマドレ 藤岡康太

デビューは2007年3月であるから、正味17年の騎手人生であった。通算成績はJRA803勝。うち重賞は22勝。多くのメディアでこのように報じられているが、ここに地方18勝とダートグレード3勝も加えておきたい。つまり「通算821勝、重賞は25勝」である。

2021年 須磨特別 ロータスランド 藤岡康太

個人的には「代打の切り札」の印象が強い。ナミュールを勝利に導いた昨年のマイルチャンピオンシップがその最たるもの。オースミスパークで勝った小倉大賞典は落馬負傷の赤木高太郎騎手から急遽回ってきた手綱で挙げた勝利だったし、負傷の福永祐一に代わってワグネリアンの手綱を取り神戸新聞杯を勝ったこともある。秋緒戦を迎えるダービー馬の手綱となればプレッシャーは小さくあるまい。それでも彼は乗り替わりで結果を出してきた。

2021年 京都大賞典 マカヒキ 藤岡康太

昨年はキャリアハイの63勝をマーク。それを上回るペースで今年は勝ち星を積み重ねていた。2024年はいよいよ飛躍の年―――。本人も、周囲も、誰もがそう思い始めていたに違いない。そんな矢先の落馬事故である。「好事魔多し」などという浅い表現で済ませたくない。競馬の神様は本当にひどいことなさる。しかも一度や二度ではない。

2018年 日本ダービー出走時

それにしても騎手とはなんと危険な職業であることか。普段からそう思っているつもりだが、こういうニュースに触れると、哀しい現実が心の奥に突き刺さってなかなか抜けない。親交のある騎手が鎖骨を骨折したと聞いてお見舞いの言葉をかけたら、相手は「鎖骨で良かったよ」と笑った。その時は私も一緒に笑ったが、その言葉の奥には笑って済ませられぬ現実がある。とにかく今は静かに藤岡康太騎手を偲びたい。故人のご冥福を心よりお祈り申し上げる。

 

***** 2024/4/11 *****

 

ハンブルクを食べよう

先週土曜の大阪-ハンブルグカップはレッドバリエンテが1番人気に応えて完勝した。管理する中内田調教師は史上最速でJRA通算400勝を達成。その偉業を祝して、今日の昼メシはハンバーグとした。いや、ただ単にハンバーグが食べたかっただけです。

向かった先は末広町駅から徒歩1分のレストラン「牛舎」。この店のハンバーグは大きいこと知られる。注文して待つこと10分。目の前に運ばれてきたのは500グラムのの巨大ハンバーグであった。

デカい。デカいが、自分でオーダーしたのだからそのデカさに圧倒されたりはしない。むしろ壮観な眺め。さあ食ってやろう!と思わず身震いしてしまう。

「あの、食べきれるんですか?」

同行した後輩が心配顔で言ってきた。震えているのが分かったのだろう。

「うーん。分からないな。もしダメだったら手伝ってよ」と言いつつ、内心はニヤニヤしていた。だって10年前までは「ステーキくいしんぼ」に毎週のように通い詰めて平然と560グラムを食っていたのである。それで飽き足らず「720グラムはできないのか?」と店員に詰め寄ったことも。フライパンのサイズの問題で無理だと言われ、仕方なく諦めた。

この店に限って言えば、「デカ盛り=大味」という心配は無用。ナイフとフォークは止まることがない。ベルトを緩めるとか、ナイフを置いて休憩を挟むとか、大きなため息をつくとかいう大食い的局面もなくサラリと食べ切ってしまった。しかもライス1枚では足りずに、大盛りライスをおかわりの暴挙である。呆気にとられた顔の後輩には申し訳なかったが、「もうちょっと食べたかった」というのが正直なところ。つくづくハンバーグは美味い。大阪-ハンブルグカップ当日は、ぜひ競馬場で「ハンバーグフェア」でもやってくれないものか。

ハンブルクの名物料理「タルタルステーキ」が移民によって米国に伝えられ、「ハンバーグステーキ」と名付けられたのがそもそもの始まり。起源となったタルタルステーキは、もともとモンゴル系遊牧民族の馬肉料理だったとか。もし馬肉のまま現代のハンバーグに進化していたら、私は個人的理由で食べられないところだった。そんな幸運にも感謝しつつ、次なる巨大ハンバーグのお店を探すことにしよう。

 

***** 2024/4/10 *****